2004.05.10

今日の道スポ

今日の道新スポーツ(コンサドーレの記事は裏1面どころか「道スポ軟式野球」の記事よりも小さい)から:

選手への不満が異例のさい配に現れた。前半途中でFW堀井岳也(28)をFW新居辰基(20)に交代。第4節湘南戦で負傷交代したMF三原広樹(26)以外で初めて前半の選手交代を決断。「岳也は何もやっていない」と柳下監督は切って捨てた。
「4分の1が終わったし、戦える選手を選んでいきたい」。柳下監督はチームへ大なたを予告した。若手育成と勝負のはざまで、札幌はもがき苦しんでいる。

ふーん。これは現場で見ておきたかったなあ。昨シーズンだと、下にも書いた8月の新潟での試合とか、6月の福岡での試合(ジョアン・カルロス監督(当時)が初めてホベルッチを途中交代させた)とか、現場にいないと分からない空気ってのがありますからね。

トルシエが名波浩をはずしてU-23世代でチームを作っていった、みたいな感じになっていくんですかねえ。昨日は砂川誠の田畑昭宏との交代もあって(その後は中尾康二が砂川のポジションに入った<これは時間的に考えると疲労なのかもしれないけど)、まあそうはいっても砂川をはずすというのは考えにくいんですけど、これも気になるところではあります。

思いきって上里一将でも使ってみますか?いや、さすがにそれはないか。

| Comments (31) | TrackBack (0)

2004.05.09

J2第11節:鳥栖 2-1 札幌 on TV

胸の「白い恋人」を「TENKO」にでも変えてみたらどうでしょうかね?

点が取れないのは、百歩譲って仕方ないとしましょう。でもね、自分たちのミスから失点しちゃダメでしょ。それも、若手ならまだしも(それでも本番でミスするのはダメなんだけど)、チームの中心となるべき年長の選手がやっちゃダメだよ。

失点の場面は、1点目も2点目も、ゴール前だけを見れば鳥栖の選手がうまかったように見えますが、そこへ至るきっかけとなったボールの失い方は最低です。

1点目は、左サイドの深い位置で相手選手を背負った堀井岳也が、サポートに来た選手に対して矢のような速くて強いボールをタッチラインと平行に送り、これが流れたところから鳥栖がいったん中央へ戻し(このときに白いユニホームが4人いたのに誰もボールを持った選手に当たりに行かなかったのは問題)、そこから右(札幌から見て左)に展開されて、ほとんどフリーでボールを受けた小石龍臣がドリブルで入ってきてゴール前へ入れた低いクロスを佐藤大実が決めた-というもので、僕は、最初に堀井がわけのわかんない高速ボールを市村篤司に戻したときに「おいおい何やってんだよ!」と思ったですよ。だから、佐藤大のゴールが決まったときは、もう、ホント、イヤになっちゃいました。柱谷幸一解説者は小石のドリブルをほめていましたが、あそこで小石がフリーに近い状態になっていたのはトイメンの市村が堀井のサポートに入るべく前に上がっていたからで、しっかりキープできなかった堀井の罪は重い(市村がもっと早くサポートに入っていれば…とか言い出すとキリがないんですけどね)。

前半の途中で堀井が下げられたとき(新居辰基と交代)、僕は去年8月のアルビレックス新潟戦を思い出しましたですよ。ミスして失点のきっかけを作った選手をジョアン・カルロス監督(当時)が気が狂ったかのようにすぐに交代させ続けた、忘れようにも忘れられない試合ですよ。そんで、その直後に、ジョアン・カルロスは辞めたんですよ。

いや、堀井に何かアクシデントがあったのかもしれませんけどね。それは、試合が終わってからまだ15分ぐらいしか経っていない現時点では(ましてやテレビ見てただけでは)まったく分かりませんけど。

2点目はもっと分かりやすかった。ゴール前で西澤淳二が前へ小さく送った低いボールを鳥栖の選手に引っ掛けられて、そこからサイド→中央で失点です。なんなんだよ西澤。鳥栖は後半に入ってからずっと、前からボールを奪いに来ていたんだから、あんなところで引っ掛けられるようなボール蹴るなよ。

鈴木智樹のドリブルから新居が奪ったゴールは、札幌ユース出身者で取った初めての得点という意味では本来記憶に残されるべきゴールにならなきゃいけないんだけど、とてもそんな気分じゃないよなあ。

今日の敗戦は、吉瀬広志の凡ミスで負けた2節前のアビスパ福岡戦よりも、ずっとずっと重い負けですよ。次節、佐藤尽と和波智広がメンバーに加わってくることで、気持ちをリセットしてもらうしかないでしょう。

| Comments (30) | TrackBack (0)

2004.05.05

J2第10節:札幌 0-2 川崎

前半の20分過ぎからハーフタイムまでの間は、7節の水戸ホーリーホック戦の前半終了間際以来のおもしろさだったんですけどね。最初の失点は仕方ないとして、これなら後半は期待できるぞと思っていたのに、ジュニーニョの個人技で2点目を取られてしまうと(あれは止めろといっても無理でしょう)、あとはしょぼーんとした試合になってしまいました。終了間際、川崎の選手が負傷してなかなか立たなかったときに、バックスタンドから「早くやれ!」の野次一つすら出なかったといえば、会場の空気はお分かりいただけるでしょう。

岡田佑樹と市村篤司の両サイドがボールのないところでもがんがん前へ出て(とくに岡田の上下動は森下かと思うほどだった)、前節はぼろぼろだった吉瀬広志はジュニーニョのフェイントにもちゃんと対応して、曽田雄志や西澤淳二はスライディングタックルで果敢にボールを奪って…と、少なくとも前半は、魂のサッカーしてました。魂だけではなく、ワンタッチ、ツータッチでぽんぽんとボールを動かし、ボールキャリアの周囲の選手が連動して動くこともできていました。それがずっと続かないというのが、このチームの若さなんですかね。

後半、悪い意味で目立ったのはボランチの中尾康二でしょう。スタンドのあちこちから「中尾、後ろ向くな!」「横にパスしろ!」「前向け!」等々、罵声浴びまくりの中尾は、ボールを受けたときの最初の選択肢がどういうわけかバックパスで、相手の選手が5メートルも前にいてもとにかくバックパス(そんなことするのは曽田ぐらいかと思ってたのに)。いわゆる「ため」を作るのならまだしも(岡田も市村もがーっと走ってたからあえてためを作る必要もなかったんだけど)、まるで決め事であるかのように後ろへボールを下げてしまう。だから、せっかく上がりかけた攻撃のスピードが、中尾のところでいったん小休止してしまう(アウミールかよ)。後半、柳下正明監督にしては珍しく、中尾を同じボランチの田畑昭宏と交代させたときには、スタンドのあちこちから「そりゃそうだよ」「やっぱり」なんて声が上がったぐらい。

もう一人のボランチである鈴木智樹は、後半の途中までは広い視野で対角線上に大きく展開するなど、攻撃の起点たりうる活躍だったのですが、後半の途中からは完全に当たり負けしてしまい、まるでイタリア移籍直後の中村俊輔を見ているかのようでした。でも、あのロングパスは魅力的です。

ホント、前半は「やればできるじゃん!」なんて言ってたんだけどなあ…

| Comments (10) | TrackBack (0)

2004.05.02

J2第9節:札幌 1-2 福岡

ジョホールバル作戦で堀井岳也と相川進也の2トップを新居辰基と清野智秋にそっくり入れ替えてから8分後、その2人だけで1点を返したものの、全体を通してみればスコア以上の完敗だった。相手のプレッシャーが強くて札幌の選手たちは思うようにプレーさせてもらえなかった。

とかなんとかいうよりも、2試合続けてシュート4本では勝てないわな。

立ち上がりの10分は悪くなかったのに、藤ヶ谷陽介のスローイングを受けた吉瀬広志が山形恭平(ただいま売り出し中)のプレッシャーに藤ヶ谷へボールを返そうとした(のだと思う)ら、これがゴールラインを割ってしまい、この福岡のCKから先制点を奪われてしまう。吉瀬のバックパスがゴールラインを割ったとき、2002年ワールドカップトルコ戦の中田浩二のクリアミスを思い出して嫌な予感がした…のは、観戦を重ねることで得た野生の勘、なんだろうな。あれは、やっちゃいけないミスだよね。

この失点そのものも痛かったけど、これを機に、市村篤司が縦横無尽に動きまわる山形のケアに追われることとなり、札幌の攻撃からは左サイドという選択肢が失われてしまったことも痛かった。おまけに吉瀬はこのミスを引きずったのかその後もぼろぼろで、それにつられたのか曽田雄志も久々の本領(?)発揮。ただでさえ点が取れないチームなんだから、守備でリズムを崩したら攻撃なんか組み立てられるはずがない。

柳下正明監督は相川を(僕の助言(2つ下↓)に従って?)先発で使ってくれたけど、相川がどうこうじゃなかったよなあ。相川がボールを引き出す動きを云々、以前の問題だよなあ。

でも、そういう中でもFWはシュート打てばいいんだろとやってくれたのが新居ですよ、新居。吉瀬が入れた縦パスを中盤まで戻って足元で受けた新居は、ワンタッチで清野に預けると直線的に前へ走り、そこへ清野がこれまたワンタッチでパスを出すと、新居は相手選手が前に2人もいたのに強引すぎるミドルシュート。当然のように相手DFに当たったものの、そのこぼれを拾った新居はさらにシュート(記録上はシュートになっていないかもしれないけど)、これが流れたところに清野が詰めていて決めた-というわけで、かつてのエメ・バンのコンビみたいな、トップの2人だけで奪った得点でありました。次は当然やつらが先発だよね?明白すぎるハンドの判定に異議を唱えて警告を受けるようなFWには少しベンチで頭を冷やしてもらいましょうよ。

最下位ですか。ま、去年の今ごろの福岡を思い出したりしながら、気長に応援していきましょうや。

| Comments (10) | TrackBack (1)

2004.04.29

また根本かよ!

下の記事書いてからスコア速報見たら、仙台は勝ってるわ鳥栖は勝ってるわで、今年は最下位にならなきゃいいだろうと思ってはいたものの(それが開幕戦のすっげー試合見て「3位なら行ける!」とか変わっちゃってまた落ち込まされているんだけど(^^;))、こうなるとやっぱり順位が気になるねえ。うーん、厳しい。

鳥栖は、前節はロスタイムに同点に追いついていて(というのは今日の京都-札幌の中継のハーフタイムに流れた前節のダイジェストで知ったんですけど)、その映像を見たときには「おお、鳥栖、強くなったなあ」とつぶやき、その直後に松本育夫監督が映ったら「このおっちゃんはやっぱりすごいんだなあ」なんて言ってたんですけど(いずれも一人で)、いや、ホント、力つけてるんですね。

ロスタイムといえば根本亮助。記録を見る限り、2試合続けてロスタイムの決勝ゴールなんですかね?いやいやいや、BS「速報J2」で「ねぇもとぅ!」と連呼されてた頃のような勢いですなあ。去年は途中までブラジルかどこか行ってたんでしたっけ?いや、でも、前節のヘディングシュートはすごかったなあ(清野も見習え)。

横浜FCはついに負けましたね。湘南-大宮は20時18分現在、お約束のスコアレスであります。というわけで、今日は野々村さんの番組は見てません。忙しいから…というより、さっきの試合(京都2-0札幌)の結果がそれなりに堪えていて、サッカーの番組なんか見る気にならんのです。

選手はそんなこと言ってられないんだよなあ。明日札幌に帰ってきて、明後日は練習して、その次の日はもう試合だもんねえ。こういうときこそ練習でも見に行って少しはパワー与えてやるかと思ったら、明後日は練習予定が未定になってるじゃないか(^^;)。

| Comments (34) | TrackBack (0)

J2第8節:京都2-0札幌 on TV

2点目を取られるまでは悪くなかったと思うんですけどねえ。

第2節以来のTV観戦で気になったのはパススピードの遅さで、丁寧につなごうとするあまりにグラウンダーのパスがみんな曽田みたいになっちゃってて、受け手が先に行きすぎちゃったり、インターセプトされちゃったりして、自分たちでリズムを壊しているようにみえます。多少ぶれてもいいから思いきって蹴ってみたらどうだい?なんて言いたくなってしまうほど、パスが緩い。

もうひとつ、とても気になったのは藤ヶ谷陽介の不調。最初の失点(京都のロングボールから、3バックの外側に入ってきた中払大介を西澤淳二が倒してPK)のとき以外にも、前へ出るのを躊躇してピンチになりかけた場面が何度かありました(西澤や曽田雄志のカバーでなんとかしのいでいたようですが<まあ、この辺のボールのないところの動きはテレビだとわかりにくいんですが)。前節ではボールをぽろぽろとこぼしてばかりいて、どうにも安定感に欠けています。おまけに今日は異議でイエローカードをもらっちゃうし。この2試合の出来なら、阿部哲也を使ってみたほうがおもしろいんじゃないかと思うぐらいです。

安田顕のNGのような顔をした清野智秋は、新居辰基のクロスにきれいに合わせた場面こそあったものの(サイドネット)、どうもこぼれ球を拾えるようなポジションにいないことが多くて、前節で高桑大二朗のはじいたボールをことごとくシュートにつなげたヴァンフォーレ甲府を見習えって感じです。

この後の厚別2連戦も、アビスパ福岡に川崎フロンターレ(=あの豪雨の等々力での大逆転以来勝っていない!)と、厳しい相手が続きますが、まあ、とにかく、がんばってくれ(<なんだそれ?)。てゆうか、たまには相川進也を先発で使ってみたらどうよ?

| Comments (10) | TrackBack (0)

2004.04.26

J2第7節:水戸2-1札幌

今年の若いチームは三歩前進二歩後退ぐらいのつもりで、長い目で見守ってやらなければならないのだろう。前節の後半45分間が三歩前進だとすれば、今日の試合は二歩後退。見ている側には非常にフラストレーションのたまる、イライラしっぱなしの試合だった。

最初の失点は、右サイド(水戸の左サイド)を磯崎敬太に破られ、守備陣の意識がすべて磯崎に注がれたところで磯崎がマイナスに折り返した低いボールを磯山和司に決められたもの。磯崎が折り返したとき、札幌の選手はみな完全に棒立ち(いわゆるボールウォッチャー)状態で、誰も磯山をケアしていなかった。2点目は、札幌のファウルでゲームが止まり、新居辰基が市村篤司との交代でピッチに入った直後、ゲームが再開するや水戸が右サイド(札幌の左サイド)に展開して樹森大介が新居を簡単にかわし、オーバーラップした柴小屋雄一が樹森からの縦パスを受けて浅い位置からゴール前に放り込んだところに小林正剛が頭から飛び込んだもので、2節前のモンテディオ山形戦で星大輔のクロスを大島秀夫に決められたのとまったく同じ形。札幌にとっては、深く反省しなければいけない失点だ。

攻撃に関しては、岡田佑樹のフリーランニングからPKにつながった場面(前半37分)から前半終了時までのわずかな時間以外は、ほとんど見るべきところがなかった。ネガティブな意味での最大の見どころは、新居が左サイドをドリブル突破した後、ペナルティエリアに入って角度のないところから入れたクロスを堀井岳也と清野智秋が揃って見送った(そして客席からは「どっちか飛び込めよ!」と罵声が飛んだ)場面か。

まるでボールを奪われることをもっとも恐れているかのように、札幌の選手たちは、自陣で意味のないボールまわしを続けた。リードを奪った水戸は守りを固めているから、札幌は中盤では自由にボールをまわせる。でも、そんなことをしても、何の意味もないわけだ。中盤から前の選手が動きながら相手選手を釣り出せばロングボールも有効な戦術だと思うが、安易にロングボールを放り込むことはいけないと考えているのか、それもない(まあ、ボールのないところでの動きもないんだけどね)。水戸が築いた壁の前まではボールが運ばれるのだが、そこで勝負をすることを避け、後ろへ戻してしまう(たまに岡田がドリブルを仕掛けると相手のファウルでチャンスになるんだが)。

おっかなびっくり、あるいは、おそるおそる、といった言葉を使いたくなるようなプレーの連続だった。失敗してもいいからチャレンジするという姿勢が見られない。今の順位をキープしなければいけないようなチームではないのだから、もっと、思い切って行こうよ。

| Comments (89) | TrackBack (0)

2004.04.17

決めてくれー!(第6節横浜FC戦)

なんだよ、前半シュート0、後半シュート13って(^^;)。

後半の45分間だけ見れば、開幕戦の再現のような楽しいサッカーでした。録画で放送見る人がいたら、後半だけ見ればいいです。前半から見ると、たぶん途中で眠ってしまうことでしょう(笑)。

横浜FCのディフェンスラインの裏にスペースがあるからそこをねらえという柳下正明監督の指示(があったかどうかは知らないが新聞にはそう書いてあった)は、確かに正しかった。でも、裏にスペースができる分だけ、GK菅野孝憲は前にやたらと強かった(^^;)。これは計算外だったなあ。みんな、菅野に向かってシュートしてるんじゃないかと思うぐらい、ことごとくシュートが菅野の前に飛んでました。

とはいうものの、あれだけあった1対1を一度も決められなかったのは、やっぱりダメでしょ。今日は清野智秋も相川進也もすごくよかったし、途中から左サイドに移った新居辰基もよかったと思うけれど、砂川誠を含め、やはりどれかは決めてほしかった。

でもでもでも、このチームは、ちゃんと進歩してます。

開幕戦のロスタイムに中へ切り込んでシュートも打たずにボールを奪われて失点の原因を作った市村篤司が、今日は時間帯こそ違うものの同じような形からシュートしてゴールを奪い、前節では山形の大きなサイドチェンジにただ呆然としていた吉瀬広志は、ボールが相手の中盤にあるときでもポジションをずらすことでピンチを未然に防いでいました。まあ、市村は、得点の場面以外はまだまだですけど(前半で交代させるかと思ったよ)、ちょっとずつでも、前へ進んでいるのが見えるのは楽しいです。

曽田はジェフェルソンに負けすぎだろ(^^;)。

追記(17:45)
HBC「アンカー!」で試合の映像(野々村解説付き)見て思い出しました。今季の札幌は、キックオフ直前に組む円陣の時間がやたら長いんですが、今日はかなり短めで、あれ?と思っているうちに次々に当たり負けして、最後は西澤淳二がイエローもらって、そこからのFKに早川知伸のヘッドでずどん。ここまでわずかに1分20秒。なんでも、試合開始前の練習で堀井岳也が負傷して急遽スタメンが変わったんだそうですが、それが影響したんでしょうか(アンカー!でも言ってたけど)。まあ、それにしては、よく追いつきましたよ。野々村の「大爆発寸前」という表現に、座布団一枚。

| Comments (28) | TrackBack (1)

2004.04.15

次節(四中工10番対決?)

主として横浜FCサポーター(<なぜか周囲に多い)向けの話題。

北海道日刊スポーツから(原文):

コンサドーレ札幌のMF中尾康二(22)が次節横浜FC戦で今季初先発を目指す。相手は02年に期限付き移籍した古巣で今季無敗の3位と波に乗る。前節山形戦で初黒星を喫し「ホームで2連敗は絶対にできない」。母校四日市中央工の後輩に当たる横浜FCの背番号10、MF内田智也(20)に「先輩」の貫禄を示す。

前節(山形戦)の中尾はよかったと思うんだけどな。ただ、まわりの動き出しが遅くて、せっかく中尾がボール奪っても出すところがなくて困ってしまうという場面が何度もありました。

内田は、去年のいつだったか(たぶん夏ごろ)、どこかでPKゲットした「倒れても前進するドリブル」が印象に残ってます。

| Comments (87) | TrackBack (0)

2004.04.14

新居の右サイド

昨日の練習で、新居辰基が右サイドのポジションに入った由。

柳下的には、西紀寛みたいなもの、ってことか?

ということは、やっぱり室蘭の試合の新居は左サイドに張ってるのが正しかったってことなんですかね?

| Comments (225) | TrackBack (0)

«J2リーグの現状